So-net無料ブログ作成
検索選択

OCaml vs. Scala [制御構造] [Scala]

OCaml と Scala の対照表の制御構造篇。

OCaml Scala
条件分岐 if 3 > 2 then "X" else "Y" if (3 > 2) "X" else "Y"
if 3 > 2 then print_string "Hello\n" if (3 > 2) println("Hello\n")
whileループ while true do
  print_string "x"
done
while(true) {
  println("x")
}
forループ for i = 1 to 10 do
  print_endline("Hello" ^ (string_of_int i))
done
for (val i <- 0 to 10) {
  println("Hello" + i)
}
順次処理 (print_string "Hello"; print_string "world\n")

begin
  print_string "Hello";
  print_string "world"
end
{ print("Hello"); print("world\n") }

{
  print("Hello")
  print("world")
}

OCaml にあるような完全に命令型の for ループはなくて、代わりにというわけでもないけど for-comprehension がある。
順次処理ではセミコロンの他に改行でも区切りをつけることができる。(JavaScript っぽい?)

2007-01-02: Scala 版 for の例で List(1,2,3,4,5,6,7,8,9,10) のところを Iterator.range(0, 10) に変えました。

2008-02-05: Console.println を println に変更。for の書き方を Scala の最新仕様に追随("for (val i..." → "for (i ..." )。Iterator.range(0, 10) を 0 to 10 に変更。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0