So-net無料ブログ作成

YokohamaUnit 0.2.0 の新機能 [YokohamaUnit]

YokohamaUnit の 0.2.0 をリリースした。

https://github.com/tkob/yokohamaunit/releases/tag/v0.2.1 (バグフィックスの0.2.1に更新)

このリリースには次の2つの新機能が含まれる。

データ変換

テストを書いていると「フィクスチャをテスト可能なデータ型まで変換する」といった、 テストそのものには本質的でない処理がテストコード中にいくつも紛れ込んでしまうことがある。 例えば resources ディレクトリに配置したデータを InputStream から何らかのデータに変換したりといったようなことだ。

そうするとユーティリティメソッドを使って IOUtils.toString(is) のように書くことになるのだが、 あまり美しくない。

0.2.0 導入された機能を使うと is as InputStream と書けるようになる。 まずユーティリティメソッドを Java か何かで書いて、次のようにアノテーションをつける。

@As
public class DataConverters {
    @As
    @SneakyThrows(IOException.class)
    public static String inputStreamAsString(InputStream is) {
        return IOUtils.toString(is, "UTF-8");
    }
}

そうすると YokohamaUnit のテストからは次のように使えるようになる。

Assert `bais as String` is "hello"
where bais = `new ByteArrayInputStream("hello".getBytes("UTF-8"))`.

これを使うためには YokohamaUnit のオプションで -converter <base-package> と指定すると、指定したパッケージ以下(カンマ区切りで複数指定できる)から変換メソッドを見つけてくれる。

不変条件チェック

テスト対象に下記のように Invariant アノテーションをつける。

@lombok.AllArgsConstructor
@Invariant("({ it.count >= 0 })")
@Invariant("({ it.count < 10})")
public class DummyCounter {
    @Getter
    private int count;
 
    public void increment() {
        count++;
    }
}

そうすると YokohamaUnit の4フェーズテストの Setup と Exercise の後に、 テスト内容にかからわず常にこの不変条件をチェックし、満たされないとテストが失敗するようになる。

この機能を有効にするには -contract のオプションを指定する。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0