So-net無料ブログ作成
検索選択

YokohamaUnit 0.3.0 の新機能 [YokohamaUnit]

YokohamaUnit の 0.3.0 をリリースした。

https://github.com/tkob/yokohamaunit/releases/tag/v0.3.0

このリリースには次の2つの新機能が含まれる。

リソース

Javaユニットテストではテストデータをクラスパス上に配置して(リソース)読み込むことがよくある。

Let url = `getClass().getResource("text1.txt")`.

この書き方は面倒くさい。そこでリソースのための特別な文法を用意した。

Let url = resource "text1.txt".

次のようにも書ける。それぞれリソースをInputStream, File, URIとして返す。

Let ins = resource "text1.txt" as `java.io.InputStream`.
Let file = resource "text1.txt" as `java.io.File`.
Let uri = resource "text1.txt" as `java.net.URI`.

一時ファイル

一時ファイルを作成するための式を追加した。

Let tempFile = a temporary file.
Let tempFile = a temp file.

作られたファイルに対しては自動的にdeleteOnExitが呼ばれる。

その他

内部的にJavaslangを使うことにした。 Javaでタプルや関数的リストなどを使うのにこれまでは独自に実装したものを使っていて、自分で書くのも何だなと思っていた。 Functional Javaを検討したこともあったが、 いまいちJavaの中になじんでくれないAPIだったのでやめていた。 Javaslangのほうが比較的使いやすいように感じる。

使用例

nbmtoolsのテストで、上述の新機能を使っているので参考にしてほしい。

https://github.com/tkob/nbmtools/tree/f0cd916a7fa5d28228d6e05a37144413ea808c18/src/test/docy/nbmtools


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。